必勝の奨学金推薦状に関しての考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

こんにちは、
Laniです。

今日も博士課程留学についての思い出から。

そもそもなぜ取ろうかと思ったわけは、Laniは、修士課程のあとしばらくシンクタンクが長かったんですが、なんだか、とってる人がピンキリだったわりには偉そうにしてたので、

私もとれそー

と思ったのと、

また国際機関での仕事にも、興味があったので、高学歴がものを言う世界と聞いており

博士とってもよいかな?

と思って、

何個か奨学金を受けていくことにしました。

世界銀行奨学金 ⭕️
ロータリー国際親善奨学生⭕️
フルブライト奨学生❌

って感じで

2勝1敗でした。

TOEFLは
相当点数を上げたし
113/117

女性は有利と聞いてるし、
大学成績もまあまあだったので

フルブライト敗因は、やや推薦状を頼んだ人の一人に問題あったな?

と今は思ってる。

年配でやや気難しい人だったので手放しで褒めてくれるというよりは、細かく書いてしまつたんだろうな、って今思う。

とにかく、

自分を手放しで褒めてくれる人

や、

私が草稿書いていいですよね😁

というのがokの人に頼むのがオススメ。

また

この人は立派な人物だ

とか通り一遍でなく、

〇〇プロジェクトの副主任の仕事の時、リーダーシップと、器の大きさを発揮し、下の10人をまとめ上げた

など、具体的に書いてもらうのが必要です。

だから、

自分で草稿書くのが一番

そのあと、

色々菓子折り

持ってったり結構気を使ったけどね。

ではでは。写真は今年一月のノーマンフォスター展にて。森美術館よりみた景色です。

(Visited 352 times, 1 visits today)
スポンサーリンク