ロータリー国際親善奨学生ってどう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3
今回は
[ロータリー国際親善奨学生!]
地元の中堅企業経営者金持ちクラブ。多いのは、医者、弁護士、旅館経営者。
当方がこの資金をもらったのはある地方でした。在住、在勤、本籍のある場所ということで、東京、横浜に本拠の私にはこちらで応募するのは狙った感じでした。
書類通過後、面接一回。
その後、事前説明会とやらで、何度か行かなければならず、転勤終わった後も飛行機で行ってました。
私の場合マイレージがあるのであまり関係なかったけど、結構な費用です。また日本のロータリーの方は気難しい方も多く、発表の講評などに疲労しました。
しかし!
現地のロータリーは本当に楽しいことばかりです。色んなところに連れてってもらったり、ヘリコプターに乗せてもらったり、ディナーに招待してもらったり。フルブライトとか他の奨学金は、ほっとかれるのに比べ、至れり尽くせりしてもらえました。
ロータリーの人たちは、少しずつのお金の増やし方的なことを教えてくれて…。学生ばかりの生活で偏りがちなところを補強してくれます。
また日本に帰ってからも、ちょっと講演を頼まれて車代に数万円頂いたり…a few でなくseveralなレベル。
ロータリー奨学金はお薦めです!
写真はグルジア、トビリシにて。
photo12
(Visited 137 times, 1 visits today)
スポンサーリンク