ワールドカップとサンクト=ペテルブルクの夕べ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

皆さまこんにちは!
サランスクから夜行列車でモスクワに4時につき、13時の飛行機で、モスクワに戻って来ました!!

そして、西欧を目指したピョートル大帝の都。ロシアで最も美しい都市と言われるサンクト=ペテルブルクに!!!

とにかく街が、荘厳で美しい!
エカテリーナ女帝の像

女帝エカテリーナといえば、懐かしの漫画あり。愛蔵版で歴史の勉強のために買ったけど、まだ実家にあるかな??

文豪カフェでのお食事…。

お洒落なレシート入れ。

ガイドブックによると、ロシアを近代化し、西洋の仲間入りを願うピョートル大帝が、寂しい沼地を華麗な都へと変身させてから、早くも300年余り。歴代皇帝の宮殿を美術館としたエルミタージュ、世界最高峰のバレエやオペラで知られるマリインスキー劇場、文豪ドストエフスキーの作品の舞台など、19世紀の面影を残す街並みは、白夜の季節にいよいよ幻想的な雰囲気に。

とのこと。

たしかに白夜の季節といえば、たしかに今9時ごろですがまだ明るい!!

郊外には、ピョートル大帝の夏の離宮ペテルゴフ、エカテリーナ宮殿などの見どころも。と言うことなので明日見に行ってみます!!

via PressSync

(Visited 37 times, 1 visits today)
nihon_blog
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク