大学院はやっぱり留学。日本の大学院の問題点…小保方問題に添えて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2
皆さまこんにちは!Laniです。Laniいま休暇でオアフ島におります。とても快適に過ごしてます。
ココマリーナショッピングモールのTeddys biggerburgerのベジバーガーです!
   E58699E79C9F-thumbnail2

さて小保方問題です。

小保方氏の早大博士の学位剥奪

LANIからすると今更感があります。

欧米ではterm paper でさえも

教授陣がコピペ探知ソフトを持って

厳しく取締り、見つかったら

零点、どころか

単位もらえないでしょうね。

ましてや学位の最高峰の博士論文で

20ページ以上のコピペ?

それを本人の自殺とかの可能性あるから

剥奪しないって??

全く日本の大学ってなんなの?

と思ってましたので。

遅すぎだけど当然だと思ってます。

一回LANIも提出のずっと前の博士論文で3行ほど、うっかりして引用に出典をつけなかったら

プルーフリーダー(英語の確認者)が

なにやってるの!!!

これは大変なことになるよーーー!!!!
博士剥奪よーーーー

と脅され、非常にひやひやしたの覚えてます。

とにかく、早稲田とか、普通に上位のはずの大学で

こんなレベルって何??

日本の大学院教育ってやばいんじゃないの?

と思っています。

LANIが博士にいった大学でも、早大がトップ校としたら、米国1、2のレベルというわけではなかったですが、大学院生としての当然あるべき教育や研究者教育は、この早大の現状より、ずっと優れてるなと感じました。。。

やはり、英語圏の大学のが、意識高いのか、日本の大学院教育がレベルが低すぎるのか…

欧米への留学、やっぱりおすすめします。

(Visited 86 times, 1 visits today)
nihon_blog
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク