国際機関への就職についていえること2つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

皆様こんにちは!
Laniです。

今日は国際機関の就職について。先週知人の関係で下記に参る機会がありました

世界銀行で働く: 弥富圭介 アジア地域災害対策マネジメント及び気候変動ユニット 気候変動専門官
http://www.worldbank.org/ja/events/2016/04/08/career-seminar-keisuke-iyadomi

最近講義録まとめマインドマップに凝ってるけど、それはこちら…

やはりマインドマップって、自分の見直し用だな😅と、思いつつ…



自分が国連大学で研究員でいた期間もあり、少し国際機関正規職員の姿みておりたまに就職について聞かれますが、

今回のスピーカーの彼も言ってましたが…

ある程度、院卒や分野などの必須条件があるにしろ、

かなりコネの世界ですね…。

特に日本の中央省庁関連がいいみたい。

スピーカーの方も某省庁の方が元上司など。

本人が、役人でもok。Laniの知り合いの役人夫婦も、パートナーの関係で米国ワシントンに駐在でいるとき、自分も世界銀行勤めということができたよう。

大学の国家公務員の先輩も、

国際機関に勤めたいなら、まず日本の中央省庁役人が近道

と言っていた…。



あと、学校。
東大からADBによく入ってたり、同じように、なんといってもOxbridge や ハーバードは開発銀行系には多いです…。

コネに関してはまぁどの世界にもありますので、ある程度仕方ないですね。
日本の役人の世界に入るのは、Laniのような、海外が長い人にはなかなかきつい。ので考えたことないけど、

学校は選べると思うのでどの業界でも
ある程度有名どころのほうがいいのかな…。と思います。

博士課程の学校のほうはある分野の優れてるのが理由で、一般的知名度普通校を選んで、Laniも今は反省ちょっとアリ。

知り合いの優秀な子もある学部でランキング一位の、ちょっと田舎の大学に修士ではいったけど、やっぱり情報量の不足や、卒業後の進路のことで疑問点があり、博士はivy league に替えて入ったって子がいました。

もちろん、実力が伴わなきゃ、著名学校云々、元も子もないですがある程度能力が同じくらいなら業界によって学校のalumni繋がりみたいのが優位性あるといえます。

今は留学の情報も多いし、留学した先輩や、難関大学留学エージェントなどに自分の分野の学べる学校について少し相談するのも手かも、と思います。

ではでは。

写真は、ブッダガヤ!の、スジャータからミルクのおかゆをもらうシッダールタ。

(Visited 448 times, 1 visits today)
スポンサーリンク