イラン渡航で米国に入国禁止?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

皆様 こんにちは
LANIです

昨日は途中で、次は次回みたいになりましたが(ただの時差ぼけでの疲れ)

基本、

イラン、イラク、スーダン、シリアへの渡航歴がある場合はアメリカビザが必要に

ってことでした。

誰かからは、注意を聞いてたんだけど、なんかすっかり忘れちゃってて
日本人用の簡単ビザシステム、ESTA *1(注参照)取るときに、そういう質問があるらしいけど、
しかし、LANIは去年ESTA をとっていたため、手続きなし。

そして、そのまま、渡航に。

なんと、一度目の4日間の滞在のときは、気付かれず入国、メキシコ帰りのトランジット3時間のときにひっかかったとのなんとも悔しい話でした。

「なんであんた、イラン渡航あるのにESTAで来て、ビザないのよ?」

的にアフリカンアメリカンのパスポート審査のお姉さんに呼び止められ、

「あんただけ、誰も一緒にはきちゃだめよ」

相方と離れ離れに
(相方も行ったことあるけど、今回のパスポートにはなかった。)

そして、

私は今度の入国には罰金として600$払います

とかいう
書類にサインするために
有に3時間かかったため、
次の12時間後の飛行機にのって帰ってきたのでした・・・

LANI大失態です

南アジアからと思われる人が

「お前は米国に何しに来たのか?」

「いとこに呼ばれた、っていっているが、電話番号出せ。かけるから!」

とか、

怒鳴られている部屋に入り、さながら不法入国者気分。

3時間後に開放されたが、
泣きが入るLANIに

相方が、


今度の入国には、出張でビザを払ってもらいなね

と慰めて(?)くれた。

大好きな米国なのに、嫌われちゃった気分。

そして、恐怖のトランプ大統領がもしももしも

誕生したら

「イラン渡航一度でもあるやつは米国入国禁止」

とか

「不正に米国に入ろうとしたやつは米国入国禁止」

なるかも~~~と恐ろしい。

そもそも 

「日本人なんか来なくていいよ、ESTA廃止」

になるかも~~とか

色々考えさせられる事件でした。

イラン、イラク、スーダン、シリア要注意です。

でも、これらの国、よっぽどの物好きか
ODA関係者か、ジャーナリストしか行かないよね・・・

そしてJICAの仕事では、公用バスポートでいけたらしい。
(今回は、中央省庁の仕事・・・)

あと、万が一とっちゃったら、Passport変えるんでちょっとは対応可能みたい。
結婚、離婚とか??期限早めに変えるとかね。

絶対、無理にはがしたりしないように。

下記、ある意味、ラッキーな最初の入国??した米国での会議。

la3

la1

la2

ESTA *1

  • *電子渡航認証システム(でんしとこうにんしょうシステム、英語: Electronic System for Travel Authorization、略称:ESTA)とは、ビザ免除プログラム(VWP)参加国から船舶または航空機でアメリカ合衆国へ入国する入国者に対し、米国出入国カード(I-94W:紙製でVWP参加国の渡航者が米国入国時に記入している)をアメリカ合衆国への渡航(アメリカ合衆国を経由して他国へ渡航する場合も含む)前に、インターネットで申請することを義務付けるもの。 Wikiより
  • (Visited 669 times, 3 visits today)
    スポンサーリンク