キューバ珍道中の思い出・・・カストロ死去によせて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

皆様こんにちは!

カストロが亡くなって2週間。中南米は断然どこでもイケメンのチェゲバラのほうが人気のようでしたが・・・今日はキューバの思い出について書いてなかったので忘れないうちに書きたいと思います。行ったのは10月です!

ハバナ、トリニダットの旅行について書きたいと思います。
キューバは行ったことある人は少ないです。
いったあと、いろんな人から羨ましがられました

メキシコのカンクンから約1時間で着きます。
キューバの空港は店もなくガラ~ンとしていました
レンタカー屋も2つしかなかったので、予約していない私たちは車は3時間後に来ると言われました。
ドイツ人の本国から予約していたグループはさすがにすぐあるようでした。

宿も取っておりませんでしたので、空港の英語の下手~~なおじさん
スペイン語を駆使しながら宿をとりました。「よくこれで案内やっているな・・」と相方の感想。

これも旅慣れた相方の「日本や先進国で先にとると異様に高くマージンをとられるから」というアドバイスに従ったものですが、なんとも行き当たりばったり。

キューバにはキューバ独特の通貨CTU がございます。1CUC は大体、1アメリカドルと同じです。
ドルは結構手数料等をいわれて、割高くなってしまいます。
ユーロ持って行った方が手数料取られません。これもアメリカとキューバの仲が悪いからです。

ハバナでは2泊しましたが2人で一泊40ドルのホームステイとしました
一角の高層マンションで、朝食つきでした。日本の公団のマンションのような古いものでした。ハバナはとても哀愁のある街でした
ヨーロッパ分の建物がいい具合に色あせて所々で音楽を奏でる演奏家がどこからともなくいろんな調べを届けます。

img_3160

img_3153

img_3146

トリニダッドでは一軒家に泊まりました。
一泊30ドルでした

とりあえず、なんというか、昔の田舎生活といったようなものを見学しました

img_3205

シーフードがとても美味しかったです

おススメのシーフード料理店
Restaurante San Jose
ロブスターとか丸ごとあって17ドルというような驚異的な安さ!
3日のうち、2回もいってしまいました。
img_3227

アメリカに行った後だったので、本当に美味しいものが安い❗️というありがたみもありました。アメリカではつまらないまずまずのハンバーガーとかすぐ30ドル🍟🍔🍕とかしています。もっとも言うまでもないことですが、宿の安さも魅力です。

キューバは、他の南米と比べ、全然安全ですが、いろんな小さな詐欺なかんじのできごとが多いです。

まず、ツアーで行った山でいろんなことが起こりました
ツアー代を払ったにもかかわらず、別に入山料がいると言われました。

うっかり払ってしまいましたが後で聞くと別のツアーで来た周りのヨーロッパ人は払ってない様子です⁉︎

片言のスペイン語で文句言うと湖に入っていないならいいというようなこと言って10ドルを返してきました。ヨーロッパ人たちは泳いでたし、だまして罰が悪いからって、いうことが適当すぎる。

その湖・・・というか池。
img_3215

こういうところ、まるで、中南米のインドのようだと思いました・・・。

その他、バスより安い長距離タクシーがあると言って、まず、あたかも使う車のようにとても綺麗な車を見せ、後からオンボロ車に乗ってくることもありました

こう書くと単純なことのようですが、旅行の中ではいろいろ急いでることもありまんまと騙されてしまうのがオチです。

インドにいると思って行動したほうがいいです。

ところでスペイン語ですが本当に発音が簡単な言語です。

文法・単語を趣味で一通り習ってたので英語Xの人たちとも割りとスムーズにコミュニケーションができました

治安の良いキューバやメキシコのカンクンなどでのスペイン語留学は本当におすすめします。

きっととても安く済むし、楽しい生活を持ってると思います。

LANIも短期留学いきた~~いと思いました。

(Visited 46 times, 1 visits today)
スポンサーリンク