未来から選ばれる人材のためのコネクティングインテリジェンスって何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

皆様
こんにちは
LANI@BKKです。
この本をフォトリーディングでよみました。
未来から選ばれる働き方 (PHPビジネス新書)

最近流行るのは
今まででの雇用形態や、専門性がどんどん変化するっていう話。

WORKSHIFT

といった本の
連続スペシャリスト
といった感じかなと思っていましたが・・・

似てるところもややありますが、
より新しい概念も紹介されていた
感じでした。

最近神田正典氏のよく言われていた、
「コネクティングインテリジェンス」
というのは、何かということがわかりました。


にほんブログ村

本当に、これからの時代、コネクティングインテリジェンス=CI
は重要です。

本には、これからの時代、自分がたった一人でも、未知の世界に進んでいき、共振できる組織と成長するという勇気 が必要だということが書いてありました。
その「勇気」の核となるのがCIということだそうです。
CIとは、

・自社の視点
・顧客の視点
・地球の視点

を一致させてものを考えること。いわゆる最近の神田氏の主張のマーケティングピラミッドの完成。
つまり、例で言うと、ある企業が
地球地域環境に貢献し人間の生活を向上します、といいつつ、途上国の工場でCO2削減効率の悪い建物と地域の環境を汚すような行為をしていたら??ということです。

また、ポールシーリィ氏の
最近の主張である、

3つのコネクト
思考と感情(本音と建前)
個人と集団(組織)
意図と行動

の一致が必要だそうです。


にほんブログ村

この重要性を自分自身も実感する・・・。
自分自身が、色んな職業(研究者、大学教員、コンサルタント等々)をやってきて、この3つがあったときしか
良くないと感じるから

もともと、自分の専門性(地球環境の向上、都市問題の解決)というもので世界に貢献したいという意図があった。

例えば、LANI,某大学にて教員で働いていましたが、顧客は学部生。
学部生と接するのが多く、結局当方に求められるのは英語。
海外にて環境問題について発表するということがあれば、
内容よりは英語の指導が中心で
都市や環境に貢献しているということは全く感じられなかった

今思うときつい仕事でした。

目下は、
顧客としての海外の高い教育、経験値をもつ専門家や、公務員、政治家。
自分に多くの専門性を求めてきてこちらも考えさせられるほど。
直接彼らに指導や、ともに考えることで、地域・地球に貢献していると
痛いほど感じます。

よって、
まず、
自分の人生を振り返り、CIのみなおし。そして今の状態で
自分のこのCIが一致しているかどうかを確認するのがいいのではないかと思いました。
そうすれば、未来から選ばれる!!
らしいです。

アマゾン・セール で電子版100円(!!)で買った本でしたし、ややページ数が少ないからどうかな~~と思っていたのですが、
意外にも面白い内容がつまっていました。


にほんブログ村

留学前に、自分の核をみつけるために、このCIを意識しつつ読むのもお勧めです。

写真はアユタヤで。LANIはどこでしょう・・・
P1050130

P1050170

(Visited 378 times, 1 visits today)
スポンサーリンク