イギリス大学院留学ってどんな感じ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

皆様
こんにちは!ダッカからLANIです。
ここバングラデシュや、インドもそうだけど、元宗主国 英国の影響が強い。クリケットとか、すごい熱入っているし。。

あと、歴代のインド首相は、軒並みケンブリッジ出身とか、富裕層は英国に行く人多いようですね。現職のNarendra MODI首相は国内大学出身で、庶民に愛される理由の一つらしい。

と、こんなことで、今日はイギリス留学について。
ざっとブログで書いてる人がおられるので引用させていただくと…

イギリス、オーストラリアの大学院留学の費用や難易度!準備はそれほど難しくない?

メリット
◾英語のスコアがクリアしていればいい。
◾GPAが高ければ良い。
◾比較的高学歴に見られやすい。
◾有名大学に入りやすい。
◾1年で修士を取ることができる。

デメリット
◾費用が高い。
◾教授の推薦書を書いてもらわなければならない。
◾現地の物価が高い。
◾1年で修士を取得するため、長期休みがない。

てことらしい。

LANIとか北米留学経験者や日本の修士の人からの印象としては、
一年でとれる修士って短いだけに・・気軽感?

たまに、文部省無認可の大学院もあるみたい。CF 山本モナのいっていた、ウェールズ大MBA
山本モナのお手軽MBA
ニセモノ?山本モナの通う大学院
芸能人ならいいですが、普通の人は無認可では困りますので注意ですね。

もちろん、行った友人は、英国留学は、夏休みないし詰まってて大変!と言うけど、一年は一年だし、アメリカ、カナダの大学院に行ってたときはサマーコースとれとか、インターン単位とかで結局四ヶ月の休み中、半分以上は勉強してたし。

現に知り合いの英国人で今修士を母国でインターネットでとってる人が、

論文も60-70ページでいいし、北米に比べておススメと思うよ!

ってはっきり言ってた。。。。

修士論文で、当時若くて手の抜き方を知らずに、270ページくらいになって、論文二つ分になるって言われたLaniにしては、なんだか、それが修士論文いいんですか⁈

という感じですが、量は少なくていいみたい。


にほんブログ村



ある意味、査読論文何個とかの縛りある場合も多い日本の修士より気軽さが・・・? まあ、英語で書くので日本人留学生には一概には比べられないですが。

英国で大学院教育受けた日本人の知り合いは、専門性や、英語能力については、様々なイメージ。

北米の留学経験者が良くも悪くもそこの土地のカルチャーにどっぷり浸かって影響受けるのに対し、

なにせ短いので、前の雰囲気と同じ感じで留学から帰ってくる感じ。

もともとの本人の資質に次からの人生かかってるっていうか…。

一年だからといって、物価や学費が高いので、すごく安いわけでもないらしい。

ちなみに博士はコースワークがないので、いきなり博士論文でこっちも米国より短くて済む

英国留学、気に入った先生、尊敬する教授などがいて、すでにネットワークがある場合、また何と言ってもイギリスの文化が好きである!というこだわりのある人にはよい良いですが、若干、英語能力を伸ばすのや、カルチャーを学ぶには一年は少しばかり短すぎるかも⁈

と個人的には思ってるLaniでした。

写真はダッカからナラヤンガンジ行く途中のお茶屋のおじさん。
味がある…


にほんブログ村



ではでは

(Visited 771 times, 1 visits today)
スポンサーリンク